やまゆり会について

基本理念

基本理念

優しく 温かく 共に生きる

基本方針

一人ひとりの尊厳を守り、福祉への情熱と創造をもとに、地域社会に貢献します。

施設概要

特別養護老人ホーム やまゆり荘

image21 やまゆり荘は、周囲が緑の多い環境にあります。窓越しに四季の変化が見える景色が、特養ホームに安らぎと活力をもたらします。
春の芽吹き、小鳥のさえずり、田植え後の緑一面の田んぼとカエルの鳴き声、梅雨に濡れたお花、実りの秋の黄金の稲穂、色鮮やかな紅葉に染まる秋、冬は木々に積もった雪が銀色に輝くなど四季の潤いをもたらしています。
胆沢の伝統である「キヅマ」を地区民はじめ利用者のご家族、役職員の奉仕作業で一本一本積み重ねました。時の流れとともに少なくなったキヅマが農村の原風景として蘇った農村らしい中で、利用者さまが健康で快適な生活を送れるよう介護支援を展開しています。
国の制度改正により平成26年度4月1日からは、特養やまゆり荘新館としてユニット型個室(20床)と特養やまゆり荘多床室(30床)のふたつの施設となりました。区分としては新館は地域密着型介護福祉施設サービス、多床室は小規模介護福祉施設サービスとなりました。

特別養護老人ホーム やなぎの里

「やなぎの里」は平成24年4月にオープンした地域密着型小規模特養ホームです。
やまゆり荘を本体施設とする ″木の香りとトップライト(自然採光)″ のある ″明るく、アットホームな″ サテライト施設です。
施設は特養ホーム(29床)に短期入所施設(10床)を併設し、次のような基本姿勢により施設運営にあたっております。

胆沢高齢者総合福祉施設 ぬくもりの家

image41 ぬくもりの家は、地域に開かれた市民憩いの空間となるよう地域交流スペースにある喫茶コーナーを授産施設コスモスの家に無償貸付、壁面を市民の創作品を展示するミニ美術館として活用するなど、いろいろなふれあい交流が行われています。
また、平成15年度に、福祉ボランティア教育の場と機会を提供し、入居者に『癒し』と『生きる力』を頂くため立ち上げた『里孫体験制度』は、区内の小学3~6年生の児童から、年平均35名程度の登録があり、日常的にふれあい訪問を頂いております。

財務公表

平成28年度決算報告書
平成27年度決算報告書
平成26年度決算報告書
平成25年度決算報告書
平成24年度決算報告書

定款

社会福祉法人胆沢やまゆり会定款
社会福祉法人胆沢やまゆり会定款細則

行動計画

社会福祉法人胆沢やまゆり会 行動計画

第三者評価

平成26年度ぬくもりの家評価結果(総評)
平成26年度ぬくもりの家評価結果(各項目)